2012年6月6日水曜日

ボランティアから貰った気付き。


以前お勤め先が企画している社内ボランティアで絵本を作った日記を書きました。
今日は東北の震災復興支援「エコたわしを送ろう!」に参加しました。
本当に物資が不足している事と、手作りを提供することにより、仮設住まいを
されている方々とのコミュニケーションを作るきっかけになればとの思いもあるんですよ。

材料はアクリル毛糸です。毛糸がタワシ役になるんですね。
私も一つお勉強になりました。
最後に目をつける作業は、ななんと私の苦手な『針と糸』を使って留めます。
これにどれだけ時間がかかったか...しかもできあがりは
タコというよりひらけポンキッキーの「ムック」になっちゃった~。
でもちょっとあたたかい感じじゃないですか?

先日香港に行った友人が「帰ってきたら東京の街自体元気がないよ!暗い...」
と言ってたのが印象的でした。外に出てみるとそう見えるんですね。
ちょっと寂しい感じがしました。何とかしなくちゃって思って頑張っているんだけど
みんながそれぞれに向いてしまっているからかな?


心でかんじるもの、あたたかい感じ、人の喜ぶ笑顔
これは守っていきたい。
これが基本ではないかなって思うの。

誰かがやってくれるって皆が思って動かなかったら(他人に期待)
活気は生まれないですよね。

そんな気づきをボランティアに参加することで貰いました。

私のたわし使って下さる方いるかな?次はもっと上手に作るわ!


0 件のコメント:

コメントを投稿