2013年12月15日日曜日

1日教室 生徒さんの作品 -クリスマス-


Chieko shadowboxが企画する、1Day work shop(1日教室)
お試しレッスンとは違い、通常レッスンでも完成に2回は要するレベルの
絵を1日で作り持ち帰って頂くというスペシャルレッスン。

今年はクリスマス用のモチーフをご用意いたしました。
ちょっとお茶目なワンちゃんがサンタクロース!
こちらの絵は Chiyo Ohnoの作品です。
素敵な絵をご紹介して下さった先生に感謝いたします。


今回もアレンジ(額装)を楽しんで頂けるよう、キットを作りました。
では参加して下さった生徒さんの作品をご紹介しましょう。




Suzukiさんの作品です。

レギュラーの生徒さんですので、カットとモデラーに気を使って作るという
レッスンも兼ねて作って頂きました。切り口が綺麗ですと仕上がりが違ってきます。





Takehisaさんの作品

昨年はポインセチアの作品を作っていただきました。
今年も参加してくださいました。ステッカーの使い方が印象的でした。
お孫さんへプレゼントでしょうか?


同じモチーフですが、皆さんの個性はさまざま、ステッカーの貼り方も楽しいですね。




Taguchiさんの作品です。

シャドーボックスは初めて、どんな作り方なのか?どうやって組み立てるか?
クラフトナイフの使い方に苦戦していましたが、輪郭をきり終わる頃には
慣れていました。 カットもお上手で下から立ち上げていく過程を
わかりやすくご指導致しました。
額装もビーズを使って個性を出して素敵な仕上がりになりました。



Kurokawaさんの作品です。

お父様へのクリスマスプレゼントとしてお作りになりました。
犬のお顔が愛犬と似ているところも気に入ってくださって。
きっとお父様お喜びになると思いますよ!

今年も個性的な作品が仕上がりました。
シャドーボックスの面白さってここかなっていつも思います。
生徒さんの嬉しそうな顔を見ると、私もご指導できて嬉しいです。

沢山の方にシャドーボックスを知って頂くことは勿論ですが、作る楽しみも多くの方々に
経験して欲しいと思います。

皆様今日はお疲れ様でした。

次回も1Day work shop企画いたします。

2013年12月12日木曜日

コサージュをオーダーメイド   -プリザーブドフラワー-




退院してリハビリテーションを頑張っている母と、看病に頑張った姉に
コサージュをプレゼントしようと思い。友人から紹介して頂いた先生のお宅に伺いました。

西麻布のご自宅で 「里の花教室」を開いている近藤先生。

素敵なリビングルームに飾られていたプリザーブドのツリー。
葉は先生が手染めした布を使っています。


微妙なグラデーションが素敵でした。



コサージュはプリザーブドをなさっていた時コサージュも同じ花の作りをすれば
できるかな?と思ったのがきっかけだとか。

流石にお花に精通していらっしゃる!素敵なコサージュが沢山ありました。
どれも魅力的で迷ってしまいます。

母には早く元気になって、お外にお出かけて欲しいので
赤のデニム&ヒョウ柄の布で作って頂くようにお願いをしました。(斬新)

姉にはオレンジのフェルト生地で小ぶりのコサージュを。

仕上がりが楽しみ♪

。。。。。。。

数日後



先生から『仕上がりました!』とお写真を頂きました。



本日受け取りに伺って実際にみると
私のイメージ通りの仕上がりでした。

赤色のコサージュでは、1枚アクセント付けして頂いた花びらは
なんとエナメル素材なんですよ。
おしべのやくは二色使い。

素敵でしょう!こういうコサージュ欲しくても出会えないですよね
オーダーメイドならではです。

お洋服は勿論、お帽子、バッグにと幅広くチャームとして使えるコサージュ。
どんなアレンジをしようか楽しみです。

素敵な出会いに感謝です。

2013年12月4日水曜日

お母さん退院おめでとう!


今日は母が退院して家に戻ります。

退院おめでとう!本当に良かったです。

これから少しずつ体力をつけて、来年にはこちらに遊びに来てもらわなくっちゃ!

トレーニング(リハビリ)用のスエット可愛いくてお洒落なもの探しますね。

一緒にがんばりましょうね。





2013年12月3日火曜日

クリスマスのデコレーションにシャドーボックスを。




先日ご近所の雑貨屋さんでいろいろ買ったものを使って小さなクリスマスツリーを作りました。
そのツリーを使ってちょっとしたコーナーにクリスマスのデコレーションをして
みたいと思います。





昨年1日教室で生徒さんと作った、ポンセチアのシャドーボックスを添えて。
手前ののんきに寝そべってる小人の置き物も可愛いでしょう!
ろうそく部分はLEDライトになっています。

ホリデーシーズンを楽しめるアレンジになりました♪





もう一つは12月15日に開催する『1日教室』で作る作品を合わせてみました。
とかくシーズン物は赤いモチーフが多いので、グリーンにすると明るくなりますね。

シャドーボックスも単体で飾るのも良いですが、いろんな小物とあわせる事によって
空間が「クリスマス」の世界になります。

お部屋の雰囲気がぐっと変わりますよ~。


2013年12月1日日曜日

休日はのんびり

東京は毎日晴天が続き過ごしやすい日が続いています。(乾燥は激しい?)
木々も色付き、公園にお散歩に行くのも楽しみになります。
もう少しだけ、この状態が続いてくれないかな..........。

ご近所で親しくさせていただいている舞踊家の先生と久しぶりに広尾でお食事をしました。

お稽古の事、しきたりの事、お作法、お酒に、美容、食べ物 etc.....
話は付きません。いつも先生には沢山の事を話しの中から学びます
時には「今、遠巻きに私の事言われてるかも!?」なんて事もあります(汗)
いい年を重ねて来ると、アドバイスは求められても、指摘してくださる方は本当に少なくなって。

私も「聞く扉」を開けてお話を聞くようにしています。


恵比寿ガーデンプレイスにあるウェスティン東京へ場所を移しちょこっと飲みに出かけました。
このホテルはとてもクラシックな内装で落ち着きます。
ロビーに入ると素敵なクリスマスツリーが迎えてくれました。


きらきら輝いて思わず見とれてしまいました。




ツリーの下には沢山のティベアが並んで。
とても可愛い!こんな素敵なツリー見たことない......。目じりが下がります。
ちっちゃな列車もくるくる走っていて、見る者を楽しませてくれる。

心が和みますね。





2013年11月26日火曜日

クリスマスツリーを作りましょう

東京はまだ暖かくて、クリスマスの準備にはまだ早いかな?
冬という実感にならないこの頃です。

お花屋さんでツリー用のもみの木が店先に並んでるのを見ると
やっぱりそろそろ飾ってみようかなと思いました。


近所の雑貨屋さんで買い求めた品々。
小さいけとツリー用の木(高さ30センチ)
寝そべった小人が可愛い置き物
オーナメントになりそうな小物


これクリスマスカード!
ニットで編まれているモチーフが気に入りました。
オーナメントにしたらどうかな?


ツリーといえばもみの木ですけど今年は『ボールバード』という木にしました。
もみの木より葉がもったりと丸みを帯びています。
柔らかそうなんですがしっかりとした木です。
お花屋さんいわく
「丈夫な木なので枯れません!」

12月いっぱいは元気でいてくれないとね。

思った通り可愛いツリーとなりました。



2013年11月22日金曜日

冬のイルミネーション  - 恵比寿ガーデンプレイス-

時計広場

恵比寿ガーデンプレイスの『クリスマスプレイス』が今年も始まりました。

六本木ヒルズけや木坂、ミッドタウン、丸の内とイルミネーションが
綺麗ですけど、この恵比寿ガーデンプレイスもなかなかのものです。

坂道からのクリスマスツリー

並木道をライトアップしているのも素敵ですけど、この奥にはなんと

”Baccarat ETERNAL LIGHTS”
-歓びのかたち- 

バカラのシャンデリアが!


これ世界最大級のバカラシャンデリア。
高さ5m、幅3m, 8,472ピースのクリスタルパーツ、ライト総数250灯が作り出す輝きは
それはそれは綺麗。


バカラクリスタルの繊細なカットから光輝くシャンデリアはまるでお星様が
降ってきたように美しいです。
これは必見ですよ~。

恵比寿にお立ち寄りの方はちょっとお散歩がてら行ってみたらいかがでしょうか。

2013年11月3日日曜日

先生の作品(個人の部)-Shaddow box Art Exhibition in Japan 2013-

Shadow box Art展が大盛況のうちに終了しました。
もう一週間も過ぎているのにもかかわらず、まだ開催中のような気がします。
私、Chiekoは初出展いたしましたが、自分が気後れしそうなくらい
他の先生がたの作品が素晴らしくて、大変素晴らしい経験をさせて貰いました。
 
YUCCAチームの作品を前回は紹介いたしましたが、
今日は個人の部でご参加なさった先生の作品を紹介します。
145展すべてはご紹介できなくてすみません。
 
 
 
竹歳先生の作品 アトリエデクベ
 
Chiekoが所属している、シャドーボックス教会で大変お世話になっている
先生です。とても繊細にそして、優しい表現は先生のお人柄と思います。
 
 
+
小野先生の作品 Art Saudio "ARIES K"

 
この作品、実はとても遠近感が難しい原画なのですが、土台を工夫し
遠くの街並みとの差を上手に出されていました。
 
 
 
佐々木先生の作品   アトリエIris
 
カラフルでおもわず「かわいい〜♪」と言ってしまった作品。
動物のモチーフの表現がとてもお上手で、私もお勉強させて頂きました。
 
 
 
徳重先生の作品
 
一面のひまわり!ビタミンカラーの黄色がドーンと視界に入ってとても印象的な
作品でした。近くに寄るにつれて、ひまわりが細かくてまたまたびっくり。
見ているだけで元気になってくる作品でした。
 
 
 
 
雅予先生の作品
 
お花の細かさは当たり前、詳細にとことん追求して作られた作品です。
シャドーボックスの醍醐味。
みずみずしいお花の表現には見とれるばかりでした。
 
 
 
このほか素晴らしい作品が出展されていて、技術が回を重ねる程
高くなっているなと実感しました。
 
Chiekoもますます精進して、またこの大きな作品展に出展できるように
頑張っていきたいと思います。
 


2013年10月23日水曜日

YUCCA グループの作品 -Shadow box Art Exhibition in Japan 2013-

Shadow box Art 展も3日目です。
私は後ろ髪を引かれつつ東京に戻ってきましたが、YUCCA先生が明日のファイナルまで
皆様をお待ちしております。
本日もお陰様で、私所属YUCCAのブースは大好評を頂いております。
会場全体が来場者で大賑わい♪
それだけシャドーボックスに関心を寄せて貰えていると言う事ですね。


私もこのシャドーボックスを続けていることにより、今回なんと20年振りにアメリカ滞在中に仲良しだった友人が見に来てくださり、再開ができました。
友人とは、当時テーブルを囲みシャドーボックスを作っていたんですよ。
シャドーボックスを今まで続けていいたお陰でしょうか。本当に嬉しかったです。

「あの頃が懐かしいね。」

作品展を見に来てくださった来場者様の中にそう思われながら見てくださっている方多かったのではないでしょうか?

YUCCAが選んだ絵は

アメリカの作家 「Donna Morses」 
テーマは私の人生、家族、祈り、愛情、約束etc......

まさに私達世代にはJust Meetなんです。

猛烈に忙しい時を乗り切り、自分の人生を振り返れる時間が作れるようになった。

そういう、Chiekoも20年色々な事がありました。それぞれの人生、家族としての人生。

YUCCAグループの作品を紹介します。


師匠である小田先生の作品
テーマは「私の人生」

本当に素晴らしい構成となっています。女の子に彼ができて、恋人同士になって
そして結婚、二人の子供が生まれて、育てる。

人生を共に生涯を歩むという素晴らしいストーリになっています。
明日ご覧になれる方はその辺りもじっくり見て頂きたいと思います。

ちょっと詳細を


左下の絵です。主人公の女の子が結婚式です。


左上の絵。女の子がもし恋人ができたなら......。と夢をみている設定です。

YUCCAの乙女な心満載な作品です。

勿論、細部まで気を抜かず作りこんでいますが、ちょっと別の視点から紹介させて頂きます。



工藤先生の作品
テーマ:懐かしき学び舎

Donna Mosesは人の持つ優しさ、人は皆平等に幸せになることの大切さを
絵に込めていらっしゃいます。
小学生の頃、声をそろえて先生の後について言葉を勉強しました。
もう、うん十年も前の事?!
いろんなエピソードも今となっては良い思い出。


上の長細い絵です。
後ろ姿ですが、特徴を掴んでいてとても可愛らしい子供達です。
先生のカットワークはお勉強になります。
それにしても子供の背中って可愛いですよね。



日向先生の作品
テーマ:Home Sweet Home

長テーブルを囲んで、大家族のお食事風景。
「ちゃんとこぼさないで食べなさい!」
「取り合いしないの。」
なんてママの小言や、今日の出来事を話す子供の声がしてくるようです。

そう先生のお宅も大家族、7人分のお食事を毎日作るママさんです。


等身大の思いがこもった家族に捧げる作品となっております。
「7人分のお食事を作るのが幸せ♪」


きっとご覧になる方も心が温まりますよ。





Fuuko先生の作品
テーマ:Sending you some smiles

ひまわりがとても印象的な絵です。
ひまわり=笑顔
いつも太陽を向いてまっすぐに咲くひまわりの花。

しかし、ひまわりの花にも勝るのが『笑顔』。
先生も沢山の笑顔を貰い、そして与えてるのでしょう。


作家のDonna Morsesはモチーフに必ず動物が出てきます。
大人も、子供も、動物もみんな一緒。

シャドーボックスとして表現すると、そんな作家の思いも読み取りながら
制作しますから、よりリアルに感動が伝わります。

カットワークから構造も細部にわたって計算しつくされる正に匠。

YUCCAのブースで一番目に皆様をお出迎えいたします。





栗田先生の作品
テーマ:幸せの約束

正にウエディングにふさわしい作品。
先生のお子様がやがてお嫁さんになって嫁ぐ日を夢みて
嬉しいような、ちょっぴり悲しいような。母親目線で作られました。



こんな晴れの日素敵ですよね。

ここにも動物が、羊のデコレーションはYUCCA独特の表現をしています。
細かいお花の花びらを一枚一枚丁寧に重ねて。
見所となっています。





トリは私Chiekoの作品
テーマ:家族そして祈り

一目見てこの絵が気に入り作らせて頂きました。
ほかの先生の作品に比べるとボリュームが違うのでちょっと心配しましたが。
上手くまとまりました。

家族の偉大さって近すぎて意外と気づかないものです。
実は、遠く離れていてるけど思いあっているんですね。

家族がいるから頑張れる。安心する。

祈り。

小さな単位ですが積もり積もったらきっと大きな力になります。
そんな思いも読み取って見ていただけたら幸いです。


ざっと YUCCA 6名の作品を紹介致しました。

明日1日となりますが、是非多くの方に見て頂きシャドーボックスの魅力を
存分に体感して頂けたらとても嬉しいです。




写真の解像度が上手く処理できず、見づらい点があるかと思います。
ご迷惑をおかけし致しましたらお詫びいたします。

2013年10月22日火曜日

いよいよ開催-Shadow box Art Exhibition in Japan 2013-


Shadowbox all Japan ともいえる巨匠達の作品展が大阪で始りました!

New York Art Co. Ltd がProduced 

第4回目はHotel Granvia Osaka 鳳凰の間・桐の間が会場です。
9グループに個人参加46名 総勢145名と大きな作品展です。




流石大阪?オープニングセレモニーもシャンパンタワーで始まりとなりました。
シャドーボックスを「芸術」に高める為、活動している先生方が会派を超えて一つになる。
そんな思いも込められています。




私の師匠こと YUUCA(小田先生)も立派にお役目を果たしました!
弟子のChiekoも嬉しく思います。



わが3D Art Ciecle YUUCAのブース。
モチーフの絵がとても可愛い!凄い細かい~。と
皆様に見て頂いております。

初出展したChiekoも恥ずかしいような嬉しいような。
やっぱり頑張って作った分じっくり見て頂けると作家名利に尽きます。
この気持ち、あの大変だった制作の日々を一気に忘れさせてくれるほど

ワクワクします。


大阪会場で2日過ごし今夜、東京に戻り即、更新させていただきました。
私達グループの作品はすぐ更新します。
ちょっとまってっくださね。

大阪も熱いシャドーボックスです!


2013年10月20日日曜日

いよいよ明日から開催-Shadow box Art Exhibition in Japan 2013-


東京は1日冷たい雨でしたね。
明日は大阪に行くので、その準備のためお外の御用がいっぱいで
こんな日に終日でかけていました~。さむぅ。。

さて、明日からいよいよ大きなシャドーボックス展が大阪で開催されます。

『Shadow box Art Exhibition in Japan 2013』

2013.10.21 Mon - 24 Thu
10:00 - 18:00

Hotel Granvia Osaka

Chiekoも小田先生の 3D Art Circle YUCCAのグループで出展します。
この日の為に頑張って作りました。
ようやく作品展のはじまりです。
今頃はもう私の作品も会場に展示されているんでしょうね。

楽しみ♪



明日は大阪にいきます。


2013年10月19日土曜日

今、グリーン色が私を呼ぶ。


萌さんの絵を選んだ時も、グリーン色がとても新鮮に感じて季節がらじゃいのに選んだ私。
私今はグリーン色を欲してる?

先日、二子玉川で鍼灸治療後に高島屋で
なんと、私が大好きなアクセサリーを作るChiyukiさんとばったり出会った。

「展示会の初日なんですよ。今遅いランチをして戻るところなの。」と

凄い偶然。

折角だし見てから帰ろうと先生の作品を見に行きました。


すてき~。

Chiyukiさんのコレクションとても個性的で見ているだけで元気が出ます。

素材はヴェネチアンガラス。

この頃疲れているのかな。グリーン色の可愛らしいネックレスが目に
飛び込んできました。茶色にグリーン色が利いていて。

どんなお洋服にも合いそうだし、私が今欲してる色。
色って呼ぶんですね!

このネックレスはAtelier CoCo20周年記念玉川高島店限定なんですって。

私を元気に見せてくれる?素敵にしてくれる。


大阪展に行くとき身につけていきますよ~。
ピンク色のシャツとグリーンのスカートに合わせてみよっかな。




2013年10月14日月曜日

次の作品は「あじさいの妖精」


大阪で開催される(Shadow box art exhibition in Japan 2013)に出展する
作品もようやく仕上がり、ようやくほっとしたところです。

制作で忙しい事にかこつけて、この4ヶ月ほったらかしていた髪....。
今までにないほど酷い痛みよう、もう引っかかるし悲しいを通りこしイライラしてくる!

今日は広尾にある美容院「g アンソリット」に行って髪をいたわってきました。
というか「何とかして~」と泣きついたといった方が正しいかな。

今の技術はケミカルものから、より自然な成分を使って髪にとても優しく修復してくれまーす。
ナノより微粒のピコトリートメントは髪の内部に水分をぎゅっと入れてつやつやサラサラ♪

タワシのようにかさかさな髪が生き返った。感動です。

指通りがサラサラになってルンルン気分。


さーて、次に作る作品です。

師匠の小田先生が「今年は大阪展が最後もう作品展はないわ」と言っていたのに
何故か11月6日から作品展が.......。
3D Art circle YUCCA 作品展~永田萌の世界~

イラスト作家の永田萌さんの絵を作ります。

沢山ある中から選んだ紫陽花の絵。
全く季節はずれなんですけど、あ~この絵作って見たいなって思った。

萌さん独特の世界を残しつつ、私らしい作品にしたいです。


可愛い妖精、この羽根がとっても印象的。
柔らかくて、ひらひらした動きを表現できるかしら?

こんな妖精が私のお部屋にいてお話してくれたら楽しいのになぁ。


大好きな紫陽花。
花びらの傾きはどうしようかな? 空間はどうしようかな。
お得意のワイヤーで作りこんでいきます。
紙が結構厚いのでカット断面を色鉛筆を使い塗り込みます。
グラデーションつけると仕上がりがちがって来るんですよ。
メンドクサイくて地味な作業に凝るChiekoです。

仕上がりが楽しみです。

2013年10月6日日曜日

生徒さんの作品


私の教室は日曜日をレッスンとして開講しています。
ですから、生徒さんは平日お忙しくしているお仕事をなさっている方が多いんです。

また、お子様がお小さくて週末はご主人様に見ていただいて参加なさる方やさまざま。
時間がある時、好きなことをしたいわ~。だれでもが思うことですよね。

その時間をやっとこさ作っていらしてくれるのはとても嬉しいです。
できるだけ、生徒さんのニーズに対応したいと思う私です。


本日、体験レッスンに参加してくださった生徒さんの作品をご紹介します。




シャドーボックスでは有名な「ピアノの女の子」(アントンペック)を友人宅で見て
「素敵な作品だけど、どうやって作るのか?自分でも作れるのか?」と思われたそうです。


カットワークもお上手ですし、糊のつけ方などなど、とてもお上手で、体験用の絵ではちょっと
物足りなかったほどでした。

加えて、垂直に絵を重ねるだけでなく、モチーフの表情を出した仕上げ方をご指導しましたら、
傾きによってお花の顔が変わる事で、本当のお花みたいですね。と作品の仕上がりに
嬉しそうなお顔をしていました。

お疲れ様でした。



次はレギュラーの生徒さんの作品進捗をご紹介します。



愛らしい絵 CoCoちゃん。
生徒さんがもっとも好きな作家さんの絵です。

ほぼ仕上げの段階に入りました。
額入れでバックのペーパーはレモン色かピンク色
どっちにしようか重ねて悩んでいたところ

う...ん?

重ねたら可愛いじゃない?

お付き合いの甘~い二人の時間から結婚して未来に向かう二人。

動きは勿論、時空間も表現できちゃうね!

偶然の色合わせて決まった形です。

ウォールはマスキングテープを使いました。

あー仕上がりが楽しみですね。後少しですがんぱって!



平成29年公募展『手工芸作品展』

上野の森は初夏の日差し輝く良い季節。 平成29年公募展『手工芸作品展』が東京都美術館で本日より開催いしました。 多種分野の工芸作家の作品が展示され、見応えのある作品展です。 私もシャドウボックス部門にて出展いたしました。 またYuccaのメンバー...