2013年11月3日日曜日

先生の作品(個人の部)-Shaddow box Art Exhibition in Japan 2013-

Shadow box Art展が大盛況のうちに終了しました。
もう一週間も過ぎているのにもかかわらず、まだ開催中のような気がします。
私、Chiekoは初出展いたしましたが、自分が気後れしそうなくらい
他の先生がたの作品が素晴らしくて、大変素晴らしい経験をさせて貰いました。
 
YUCCAチームの作品を前回は紹介いたしましたが、
今日は個人の部でご参加なさった先生の作品を紹介します。
145展すべてはご紹介できなくてすみません。
 
 
 
竹歳先生の作品 アトリエデクベ
 
Chiekoが所属している、シャドーボックス教会で大変お世話になっている
先生です。とても繊細にそして、優しい表現は先生のお人柄と思います。
 
 
+
小野先生の作品 Art Saudio "ARIES K"

 
この作品、実はとても遠近感が難しい原画なのですが、土台を工夫し
遠くの街並みとの差を上手に出されていました。
 
 
 
佐々木先生の作品   アトリエIris
 
カラフルでおもわず「かわいい〜♪」と言ってしまった作品。
動物のモチーフの表現がとてもお上手で、私もお勉強させて頂きました。
 
 
 
徳重先生の作品
 
一面のひまわり!ビタミンカラーの黄色がドーンと視界に入ってとても印象的な
作品でした。近くに寄るにつれて、ひまわりが細かくてまたまたびっくり。
見ているだけで元気になってくる作品でした。
 
 
 
 
雅予先生の作品
 
お花の細かさは当たり前、詳細にとことん追求して作られた作品です。
シャドーボックスの醍醐味。
みずみずしいお花の表現には見とれるばかりでした。
 
 
 
このほか素晴らしい作品が出展されていて、技術が回を重ねる程
高くなっているなと実感しました。
 
Chiekoもますます精進して、またこの大きな作品展に出展できるように
頑張っていきたいと思います。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿