2013年9月16日月曜日

自然の力って残酷かも。


台風が昨晩から午前中にかけて関東あたりも通過していきました。
内耳の調子がよくない私には気圧が変る為結構苦しいひと時。
おまけに息苦しくなる。。

TVニュースでは大きな爪あとを残してしまった地域が報じられていました。
自然の仕業とは何とも残酷でしょう。

心からお見舞い申し上げます。



夕方になり窓からこんな夕焼けが。

あの嵐がまるで無かったかのような穏やかな夕焼け。

自然の仕業?(神の仕業.シワザ)は残酷。

とは言え何かふつふつとした物が吹っ飛んで洗われた浄化感もありますね。




祭りだ!神輿だワッショイわっしょい!!


9/15(土曜)は広尾のお祭りでした。
台風が接近中でどうなるのか?といった状況でしたが、
盛大に1日のみ行われました。

今年は体調が万全でない事から、お仲間さんたちのサポート役?
暑いのでお水をもったり、写真を撮ったり(それはそれで疲れましたが)

広尾で日本舞踊を教えている先生のお弟子さんやお友達
と今年も一緒に過ごさせて頂き楽しいひと時でした。





9月は本来、「単」の着物を暦としては着る時期なんだけど。
真夏のような気温で汗もかくし、夏紬を着ちゃいました。




先日カメラを新調したので撮影隊をかって出てみたものの
手ぶれ写真ばかり(泣き)お~い手ぶれ補正してたのよ!
悲しい。

残った数少ないベストショットを焼き増しして早速皆様へ差し上げようと
近所の写真屋さんへ行ってきました。

とってもいい顔してる。
プリントして写真にすると良いものですね。

やっぱり来年は担ぎたいな~。私も!

2013年9月7日土曜日

飯田 哲夫個展 -Mutation- The Art complex Center of Tokyo




飯田哲夫個展 - Mutation - へ行って来ました。

飯田さんの作品は4年前から見るようになり、毎年の個展を楽しみにしています。

今回のテーマは『Mutation』 「突然変異」だそうです。
-我々の周りに突然現れる、通常とは異なるもの。それは大体において抑圧され、例外的なものとして忘れ去られてしまいます。しかしながら、私たちの社会が前へ進むためには、その変化を受け入れる勇気が必要です。今回の展示では、その突然変異への希望と、それを受け入れる勇気を作品として、表現した作品。-




ドットの周りに遺伝子細胞の数字が書かれています。
そんな理数的な所を表現するのって飯田さんらしい。

大きな作品でとても見ごたえがありました。



キャンパス生地に書かれた素材感を生かした作品です。
今年はカラフルな作品が多い感想を持ちます。

正にMutationが起こったのでしょうか?


これはまた飯田さんの定番が進化した作品です。
ボックスの周りにちっちゃな動物達がくっ付いています。

ちなみに。



ピンク色ドットの作品には牛さんがいる!
ちゃんとピンク色の模様が入っているんですよ。
より細かくなった作品でした。

飯田さんは美術家のお顔にもう一つIT業界へ金融向けITソリューションの
開発と企画をしているビジネスマンでもあります。後、自称「報われることのない釣り師」
3つの顔を持っています。

この素敵な作品展は

Aug. 27, 2013- Sep. 8, 2013
The Artcomplex Center of Tokyo ACT 5
〒160-0015 新宿区大京町12-9


私の『Mutation』は何なんだろう?
勇気を出して見て見たいそんな気持ちになりました。
その先にまた素敵な事が待っているそんな希望が持てますね。


平成29年公募展『手工芸作品展』

上野の森は初夏の日差し輝く良い季節。 平成29年公募展『手工芸作品展』が東京都美術館で本日より開催いしました。 多種分野の工芸作家の作品が展示され、見応えのある作品展です。 私もシャドウボックス部門にて出展いたしました。 またYuccaのメンバー...