2011年6月6日月曜日

作品展終了。 ~その先に見えたものは~

5/31-6/5まで開催しました、小田先生教室作品展が無事終了しました。 梅雨空の中多くの方に見に来て頂きまして、本当にありがとうございました。



2年に1度開催する先生の作品展に参加するのは、これが3度目となりました。
初めは私1人、その次は生徒さんがお1人、今年は3名の生徒さんが参加(有志)をしてくれました。




初めてこのような大きな作品展に参加した生徒さんお疲れ様でした。




いつも思うのですが、作品展に出展するということは


不特定多数の方々に見て頂くと言うことですよね。


また沢山の生徒さんの作品も並ぶので、とってもプレッシャーが掛かります。(モチーフによっては生徒さん達の方がとてもお上手なんです)




私ごとになりますが、小田先生から「今年はバラでいきます」と言われ、何とかバラとお友達になろうと生花をつねに眺めてみたもののいざ制作となるとプリントのバラをどこから切ってよいのかさっぱりわからなくて。絵は大きい、そして講師全員で研究したガラスの花瓶。何よりバラは苦手なモチーフ。どんどん制作が後ろ倒しに.......「もう作らないと間に合わない!恐怖感」ぎりぎりになって3月の地震です。


これを口実に大きな作品はご辞退しようと先生にお願いをしたのですが、「頑張ってつくってみましょうきっと完成したら何かが見えるはずよ!」と励まされて作ることになりました。(涙)


「いったい何がみえるのか?」 私の制作のテーマは『動き』それだけに集中しながらひたすら作る日々。


作品がやっと完成し、大きな会場に展示された自分の作品を見ると、無事間に合ってよかった~という安堵の気持ち、課題もクリア―できた達成感、何よりプレッシャーからの解放、報われた一瞬です。


この高揚感は展覧会場という舞台に立たないと味わう事ができないんですね。






では、頑張って作ったその先に見えたものは?それは『新しい課題』でした........。


丘を超えたらまた丘という感じですか。シャドーボックスは奥深いですね。作品展の度に成長させてもらってます。





自分の作品を見るとドラマが鮮明によみがえってきます。


今年も思い出満載の作品が出来上がりました。




また小田先生の作品展に参加するのが楽しみです、


そしてまた生徒さん達と会えることがなにより楽しみ。




本当にありがとうございました。


また2年後よろしくお願いしま~す!

























0 件のコメント:

コメントを投稿

平成29年公募展『手工芸作品展』

上野の森は初夏の日差し輝く良い季節。 平成29年公募展『手工芸作品展』が東京都美術館で本日より開催いしました。 多種分野の工芸作家の作品が展示され、見応えのある作品展です。 私もシャドウボックス部門にて出展いたしました。 またYuccaのメンバー...