2012年12月29日土曜日

シャドーボックスでお正月を祝います。

今年もあと2日ですね。12月は師走というくらいですからどんどん日々が
過ぎていきます。計画的に「する事リスト」を作っても「あっ忘れた.....。」なんて事に。
街を歩けばお正月のものが並び賑やか、日本を感じさせるもので溢れてますね。

銀座 伊東屋の混みようも年末は尋常じゃないので
ちょっと前に行って、お年玉袋を買ってきました。
そこで目にしたのが、このポチ袋。


5cmX5cmで丁度500円玉が入るくらいの小さなサイズ。
とても単純な絵ですが、お正月を感じさせる絵。

あっ。これシャドーボックスに使えるし、お正月のインテリアを作って
みようかな。と思い。ちょっと試作ではないけど楽しそうなので作ってみました。



1個目は門松の絵です。
ちょうど一袋に5枚入っているので結構使えます。

単純な絵ですから、輪郭をカットしたものを
重ねあわせるのにとても簡単です。

梅の赤と和紙の質感がとても雰囲気を
だしてくれてます。

窓口 5cmX5cm、フレーム 16cmX16cm


たまたま近所の額装店(加藤ギャラリー)で
完成品のフレームを額を購入していたのを
思いだして合わせてみました。色的に和のモチーフが合いますね。

窓枠が小さい上にフレームの竿幅が広い
でしょう、このくらい単純な絵が合います。

大きな門松は置けないから
シャドーボックスの門松を玄関に置いて
神様をお迎えします。


窓口 5cmX5cm  フレーム 16cmX16cm
お正月はやっぱり富士山ははずせない!
年の初めにとても縁起がいいモチーフです。





光沢のあるフレームに回りの黒色が内側をぎゅっと引き立てて
くれバランスが良い仕上がりになりました。
近所のお花屋さんが作ったしめ縄の置き物。手作りなので
同じ形のものはないんですって。

お部屋のコーナーに置いて
お正月を迎えることにします。

あのポチ袋がシャドーボックスで上品に大変身です!

時間もそれほどかからないし何よりお洒落じゃないですか?
  手作りのものでお祝いするって意外といいもんですよ。

大掃除やお買い物、などなど忙しいと思いますが、次に来る年をワクワクしながら迎え待つこの
一時を感じてみるのも年の締めくくりとしてよろしいのでは?


  Chieko Shadowboxからのご提案です。

皆様、今年もブログを読んでくださいましてありがとうございました。
来年もちょっと可愛い作品を沢山作ってみますね。








0 件のコメント:

コメントを投稿

クリスマスシーズンがやってきました。

昨晩のW杯アジア最終予選見応えありましたね。 負ければW杯の出場ができないという大事な試合。 私もTVにて応援していました。 ラッキーなPKで清武選手の1点そして、後半に入れた追加点が決定となり 日本2ー1サウジアラビア 同時刻にオーストラリアとタイ...