2014年1月24日金曜日

脳が汗かく作業 -インストラクション作り-


今年(2014)は、Chieko Shadowbox教室の作品展を開催する運びとなっています。
生徒さんの作品展ですので、主役は勿論生徒さんです。

どんな絵にしようか?テーマ?サブテーマ?と
まだぐるぐると定まらない所ですが、メインとして挑戦する絵を決めていかないといけません。


The Tango     

去年から気になっていた、『ジョルジュ バルビエ』の絵。
なんともモダンで、素敵な絵なんです。

早速、注文をしたところ写真の絵に在庫がありました。

1日でも早く生徒さんに制作をスタートして貰わないと!



シャドーボックスの特徴は、原画を立体に積み上げて仕上げていく為、
同じ絵を複数枚使います。
ですから、限られた枚数の中で効率よくカットできるよう、生徒さんには
『インストラクション』をお渡ししています。


この作業は私は大の苦手.......。
脳が汗だくになるんです。

講師はこのインストラクション作りができないと駄目なんですぅ。


師匠である小田先生の所へ行き、インストラクション作りを習いに行ってきました。
講師はずっと勉強でございます。

何百枚とインストラクションを作っている先生は

ぱらぱらと見て

『絶対必要なところをまずチェックしていく事が大事ですよ。』
赤ペンでさくさくと指示してくれます。

一緒に考えて下さるので、本当に勉強になります。

数をこなせば完成構図が見えてくるから大丈夫よ♪と励まして下さり
ほんとに頼りになる先生。

これから注文した絵が続々と届きます(汗)
頑張ってインストラクション作ります!



0 件のコメント:

コメントを投稿