2013年7月27日土曜日

マイ ホームドクター -大人女性の曲がり角-



私のホームドクターである羽根先生とはもう13年のお付き合い。
きっかけは、大人ニキビ?!日本に帰ってきて東京暮らしを始めた頃から、お顔の肌が
とても酷い状態に。月のものが来る前には悪化して、終わっても吹き出物は治らす、また新しい
吹き出物ができる最悪なスパイラスに陥ってました。

「前の卵肌に戻れるなら悪魔にでも身を売ってもいい~....」

凄い深刻だったんですよ。

必要なかったスキンケアーに励み、高額化粧品を使い頑張ってみたけど....。
美容アドバイザーの方が「レディースクリニックでチェックしてみたらいかがでしょう?。」
と言ってくださり、近所にあったクリニックに行ったのが
『羽根レディースクリニック』
今でこそ沢山クリニックがありますが、13年前なんか、レディースクリニック(婦人科のみ)
ってあまりなかったような。産科と一緒のいわゆる産婦人科医院ばかり。
大きなお腹を抱えている方と一緒の待合室は気をくれを感じちゃって。

Chiekoも微妙なお年頃だったのね~。

結果ホルモンが出てない、骨密度低い。出てくる出てくる原因が。
自分はまったくその辺りに関しては正常だと疑わなかったのでとってもショックでした。

その時、先生がとっても詳しく1時間近くかけて説明をしてくれたんです♪
そして治療方法も自分が納得する仕方を選ばせてくれ。
確かにストレスになると続かないですものね、何だってそうです!

それから、ゆっくり治療をしているのですが、今では風邪を引いただの、お腹を壊したetc。。。。
全て先生に見て貰う、私のホームドクターとなっています。

たいした用もないのに、世間話にいったり(看護婦さんに叱れそう......。)

中年になってくると、体も踏ん張りが利かなくなったり、悩みも若い頃より
深刻なものになったりと複雑になってきました。

今日はPMS(月経前緊張症)が重い感じがしてご相談にいきました。
倦怠感がより強くなって。
作品作らないといけないのにアドレナリンも出てこない!

先生は何故PMSになるのか、私はバランスがどう乱れているのかじっくり説明をしてくれ、
どうやら、末端(現場)から指令室にむけて
「お前もっと働け!お前だろうが!! しっかりしろよ~」
と下から上に働けと責められているんだって。
そのストレスがPMSなんだそうです。


そのバランスを調整する為に漢方を処方して頂きました。

先生は漢方医でもあるので、時々症状により漢方を取り入れます。




「人生において我慢は必要だけど、医療での我慢はナンセンス」という持論の先生。
面白いでしょう!

トリートメントしながら健やかにリレーして行ってくれるなら
ありがたいですよね。

無意味なイライラと倦怠感で時を待つ1週間ってほ~んと勿体無い。

先生とお話をしているとたいした事じゃないんだって元気になりす。

エイジングには切り離せない多種ホルモン。
仲良くしたいものですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿